チャップアップ 効果と口コミ

タバコと薄毛は関係ある?

タバコで薄毛になるのか?

タバコで薄毛になるのか、心配ならやめるべきです!
タバコでハゲる
2018年10月1日からタバコが値上げされました。
8年ぶりとなるタバコ税の増税によるものだそうです。
値上げ幅は10円~90円、加熱式たばこも含む150銘柄が値上げされました。
私はもうたばこは吸っていませんが、吸い始めた頃は一箱200円前後という時代。
いよいよ一箱500円の時代となりました。

 

これを機会にたばこは止めるべきですね。
たばこを吸うと精神的に安らぐとか私は思っていましたけど、こじつけです。
たばこを吸っていいことなんて一つもありません。
たばこは肺がんだけではなく、ほとんどのがんに関係しています。

 

今から禁煙しても無駄だと思っていますか?
35~40歳で禁煙すると喫煙前の余命を取り戻すことができるそうです。
50歳で禁煙すると6年
60歳なら3年寿命をのばすことができると言われています。

 

それだけ、体に悪いということです。

 

たばこと薄毛は関係があるのか?ないのか?

インターネットで検索しても、意見が別れています。

 

私の意見は、タバコを吸うと薄毛になる。

 

その根拠は、喫煙により血流が悪化するからです。

 

タバコの中で問題なのは、ニコチンと一酸化炭素。
ニコチンは依存症と、体中の動脈に強い影響を及ぼします。
ニコチンは興奮剤であり、喫煙により脈拍が早くなり、血圧を上げ、血管収縮作用があります。
ニコチンによって、体中の動脈を細くして、血液が通りづらくなります。
血液が送りづらくなると、心臓はもっと頑張って血液を送ろうとします。
そのためには、より酸素が必要となりますが、タバコの一酸化炭素が血液の酸素運動能力を悪化させます。
そして、必要な酸素は血液から運搬されます。
悪循環でしかありません。

 

血液の循環が悪くなると、生きるために必要のないところから
血液の供給をやめてしまいます。
生きるために当然なのです。

 

無くても死なないものとは何か?
髪の毛です。
髪の毛は無くても命には関係ないので、血液の供給が悪くなります。

 

頭皮への血液供給がゼロでは無くても、
血液の循環が悪くなることは、髪の毛へも栄養が行き届かないことになり、
結果、抜け毛が増えて薄毛となります。

 

ほとんどの育毛剤に血行促進効果のある成分が配合されていることから
血流が重要であることは明白な事実です。

 

喫煙しながら育毛剤を使っても意味がないということです。
穴の空いたバケツに水を貯めようとしているようなものです。

 

お金が余っていて、禿げてもいいし、長生きもしたくない人は
喫煙を続ければいいと思います。

 

トップページへ

トップへ戻る